« 2014年7月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年8月

2014年8月10日 (日)

2014年8月の定期健診(8/8)

--検査結果(尿検査)
蛋白 1+
糖尿 3+
血尿 1+

--本日の処方
プレドニン:40mg(増量bearing

プログラフ:3mg/day(変化無gawk

––
寛解後、初検診でしたが、、、
尿蛋白が増えてしまっておりました。。。crying
ついでに、血尿も糖尿も出てるし、私の腎臓はどうなってしまったのでしょう。。。
かなりショックでしたが、仕方ないので、プレドニンは37.5mg→40mgに戻し、1ヶ月間様子を見る事になりました。
しかし、仕事には行きます。
病気が発症した時は、「プレドニンは、30mg以下になるまでは入院です」と、言われていたのですが、最近はそんな事言われません。(そんな事言ってたら、一年の1/3くらいは入院となってしまうのですが。。。)
そういえば、今回から、胃薬と鉄剤がジェネリックになりました。医療費削減の圧力が厳しくなっているようです。入院が緩和されているのも、医療費削減の煽りかな、、と、邪推してしまいます。
病人には段々暮らしにくい世の中になっていきそうですね。ずっと、今の主治医と二人三脚ですが、最近、セカンドオピニオン?というか、他の医師の意見も聞いてみたいです。薬の減らし方とか再発した時の対処法とか。。。
何はともあれ、かなり心配ではあるのですが、用心しながら頑張りたいと思います。
来月も同じ状況が続いたら、一度は回避できたと思ってたステロイドバルス案が浮上してしまいそうですーwobbly

| | コメント (0)

« 2014年7月 | トップページ | 2014年11月 »