« 2016年2月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

2016年11月12日 (土)

腸閉塞_入院回顧録_(H28/10/17-10/21 絶食生活)

人生初の腸閉塞(疑い)での絶食治療入院の回顧録を残そうと思います。
腸閉塞は、手術後の癒着が原因となる事が多いようですが私の場合は腸にガスが大量に溜まり正常に動いてない事により引き起こされた腹痛。
しかも、私の腸は人とは違う巻き方をしているらしい事も発覚しました。それが要因なのか、長年、プレドニンや免疫抑制剤などの強い薬を飲み続けたのが要因なのか分かりませんが、とにかく腸が動いていない。そんな時は、薬で腸を動かしたりせず、腸を休ませて腸が正常に動き出すのを待つそうです。
17日 朝(オールブラン、牛乳、バナナ、サラダ、目玉焼き) 昼(絶食) 夜(絶食)
会社→個人病院(腹部エコー・CT)→総合病院(CT)→総合病院(像影CT)→入院。とにかく過酷な1日でした。
18日 朝 - 21日昼(絶飲食)
点滴につながれ、ぼんやり過ごす日々。何度も入院を経験した事がある私としては入院の山も谷もない一本道の平坦な生活には慣れているつもりでしたが、甘かった。
「1日3回食べる」という起伏
それがなくなった時、私の気力は無となった。テレビさえ見る気も起きません。
食べるという事の重要性を再認識できたのが最大の収穫でした。
19日から高気圧酸素療法を開始しました。カプセルに入って1.3気圧ほど上げた状態で60分。腸を動かす効果が期待できるとの事。
絶飲食でしたが、プレドニン、ネオーラル、ラベプラゾール(胃薬)、ダイフェンは口から頂きました。
20日から、漢方薬(大建中湯)の追加がありました。腸を温めて動きを良くしてくれる効果があるとか。
Img_1033

| | コメント (2)

2016年11月 7日 (月)

腸閉塞_入院回顧録_(H28/10/17入院まで)

その日は、朝から腹部に違和感を感じていました。

お腹が張っている感じ、、「またかー」と、ため息混じり。ここ数ヶ月、食べ過ぎた次の日とかお腹が張って気分が悪い事がよくありました。時間が経てば緩和する事が多かったので今回もそのパターンだと思い段々痛くなっていくような腹部を抑えながら会社へ向かいました。(ちなみに、会社へは電車で1時間ほど)
会社に着いても違和感は緩和するばかりかひどくなる一方でした。
11時には立っていられないほどの痛み。座っていても気が遠くなりそう。。。
「もう、、ダメ。。。」
とギブアップした私は、会社を抜け出して、近くの消化器内科で検診を受ける事にしました。その時は、痛み止めとかでまた会社に戻ってこれると思ってました。
消化器内科の受付では、激しい痛みを訴える私に「横になって待たれますか??」という天使のような言葉を掛けていただけました。横になると、大分痛みが柔らぎます。
その消化器内科では腹部エコーとCTの検査を受けました。
そして医師から出た言葉
「非常に珍しい病気なんですが、●●と◯○で腸捻転起こしかけてるみたいだから総合病院で検査受けて下さい」
痛みで朦朧としていたし不安も大きかったので、詳しい事は理解できなかったけど、取り敢えず
「総合病院行かなきゃいけないのね。。。」
そして、痛いお腹を抑えながら、救急車を断りタクシーで近くの総合病院へ。
総合病院でもCTの検査を受けました。(なぜだ??)
医師「うーん、絶食して様子を見る事になると思うけど、入院の手続きをこの病院で進めて良いんだっけ??」
私「にゅ、入院ですか??」
医師「うん。ご自宅からは離れてるよね?ネフローゼを診てくれてる主治医もいるんでしょ?」
私「はいー。この病院で今すぐ入院は困りますー」
そんなやり取りを繰り返し、最終的に、痛み止めの点滴を受け、ネフローゼでお世話になっている病院まで電車で行き、そのまま自宅に戻る許可も得られずに入院となりました。
その後、造影CTを受けて「腸のねじれは無し」との判断が下り、総合病院で言われたとおり絶食治療を受ける事になったのです。
病状としては、腸捻転(ねじれ)というよりは、腸に大量のガスが溜まっていて、腸がパンパンに腫れて正常に機能していない模様です。
病名は「腸閉塞の疑いと腸管気腫」
久々の入院生活のスタートです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 6日 (日)

腸閉塞_入院報告(H28/10/17〜11/6)

ご無沙汰しております。

昨年「来年は、病院行ったらブログを更新するぞー!」って叫んでたのに、もう11月。その間の更新回数1回sweat02
全く、自分の根性のなさには飽きれてしまうのですが一旦その事は置いておいて、
入院してしまいました。
しかも腸閉塞(の疑い)でcrying
その日は、突然やってきました。
朝、何となく「お腹痛いなー」と思いながら出社し、そのうち激痛へと進化。我慢できずに近くの病院に駆け込んだ所、「腸捻転になりかけてるかも?」みたいな事を言われ、近くの総合病院に緊急搬送される事にcoldsweats01
その後、入院が必要との判断が下り、ネフローゼを診て頂いている病院に更に移動し、そのまま入院となり、本日退院してきました。
元々、便秘症な私。最近は、食べ過ぎた次の日は胃や腸の辺りがすっきりしない事が小さな悩みの種ではあったものの、そんなに気にしてはおりませんでした。が、、まさかこんな大事になるとは思ってもいませんでした。
取り敢えず、本日は一次報告まで。
今回の入院記録はきちんと残したいな、と、思っております。

| | コメント (0)

« 2016年2月 | トップページ | 2016年12月 »